BLOG

女性の肌

女性の肌 基本その① 【表皮と真皮】

 

こんにちは!

相模原のエステティックサロン

モルトカリーナです。

 

今日から何日間か、お肌の基本についてになります。

 

皮膚は人体で最大の臓器です。

成人の全身の皮膚を広げると、畳1畳分にもなります。

重さも約3~4キログラムです。

2番目の臓器が脳で1.5キログラム

3番目は肝臓になります。

 

人体最大の臓器である皮膚は、身体の表面をおおっているとても薄い表皮

その下にある厚くて丈夫な真皮との、二つの層からできています。

厚くて丈夫な真皮は、その上の薄い表皮を支えています。

表皮の厚さはわずか0.04~0.07ミリ。

ラップ1枚分ほどの厚さですがそこには表皮細胞が5~10層

重なるように並んでいます。

生きた細胞の層なのに、そこには細胞に栄養を提供したり、老廃物を排泄したりするための

血管もリンパ管もありません。

 

真皮は表皮のざっと10倍の厚みがあり、おもに弾力厚に富んだ丈夫な※1コラーゲン繊維

それを製造している※2線維芽細胞で形成されています。

肌に弾力やハリがあるのも、このコラーゲン繊維のおかげです。

なお真皮には、表皮と違って栄養を吸収し老廃物を運ぶための血管やリンパ管が

縦横にたくさん走っています。

 

※1 コラーゲン あらゆる動物の体内に存在する タンパク質の一種。

人間の場合、身体全体の、およそ20%がタンパク質と考えられ、そのタンパク質の

1/3をコラーゲンが占めているといわれています。

コラーゲンは細胞と細胞の間を埋め合わせるセメントのようなもので、細胞をうまく

働かせる役目があります。

 

※2 線維芽細胞 皮膚の機能を保つうえで最も重要な細胞。

コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸といった真皮の成分を作り出す。

 

次回につづく

 

関連記事

  1. VIO脱毛
  2. 脱毛イメージ
  3. VIO脱毛

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP