BLOG

フェイシャルマッサージを受ける女性

フェイシャルサロンのエレクトロポレーションで何ができる?イオン導入との違いとは?

エレクトロポレーションとは?

お肌に化粧水をつけても、角質層までしか浸透しません。

お肌にはバリア機能が備わっていて、外からの有害物質が体の中に入らないようにできています。

肌の断面図

皮膚は基底層でできた細胞が28日(ターンオーバー)かけて表面に上がっていき、垢となって剥がれ落ちます。

角質とは細胞が剥がれ落ちる少し前の段階で、身体全体を覆って守ってくれています。

ローションやクリームを塗ると角質層に入り乾燥から守ったり、うるおいを保ったりしています。

けれども、いくら高級な化粧品を使ってもバリア機能があるために、角質層の奥には届いてくれません。

 

化粧品のCMなので見聞きする、「肌の奥まで浸透する」の「奥」とは、いったいどこのことでしょうか?

答えは「角質層」です。

「角質層まで浸透してプルプルのお肌に!」などの宣伝文句もおなじみですよね。

ということは、剝がれる寸前の角質層に化粧品を浸透させても、すぐに垢となって剥がれてしまうのです。

角質層にいくら有効成分を浸透させても、一時的な潤いを与えるだけで肌深部への期待はできないのです。

困っている女性

そこで、エレクトロポレーション(エレクトロパルス)が必要になるのです。

短くて強い電気パルスを与えることによって、上皮細胞に透過経路(化粧品が通る隙間)を一時的に与えます。

それにより通常では皮下浸透しない浸水成分や高分子成分を、イオン化せず高分子のまま真皮層下まで導入することができる美容法のことを言います。

 

イオン化しなくても導入できるため、イオン導入よりも幅広い導入液が使えるので有効です。

お肌の弱い方でもポレーションはできます。

なぜなら、浸透させる有効成分が選べるからです。

イオン導入もプラスの電気とマイナスの電気を使い分けて有効成分を肌の奥に浸透させますが、イオン化されたエッセンスしか使えませんし。

水溶性のものや分子の大きいものは浸透させられません。

様々な成分を浸透させられるので最新の導入法といえるのです。

エレクトロパルスメソット

「電圧」を流すとバリア機能が一時的にゆるむので、分子の大きいヒアルロン酸コラーゲンなどの導入が可能になります。

「電圧」を流すと痛みを伴う場合があります。

痛みを我慢する方が効果があるように感じますが、痛いと皮膚が収縮するので、有効成分の入りを阻害します。

なので無理に我慢しないでください。

また、最近は家庭用の美顔器も多く出回っていますが、やはり値段も違うしパワーも弱めです。

それは、お肌の事をよくわからない素人さんが使ってもトラブルが起きないようにしているためで当然のことです。

 

お肌の改善を求めるなら、やはりお肌の深部から変化させなければ意味がないので、ポレーションの利用をお勧めします。

関連記事

  1. 考え込む女の子
  2. 顔EMS
  3. 肝斑のイラスト
  4. クレンジング
PAGE TOP
PAGE TOP