BLOG

足の脱毛イメージ 

痛くない脱毛の理由|毛がなくなるメカニズム|全身脱毛|キッズ脱毛

ハイパースキン脱毛の痛くない理由は

 

全身に生えている毛は、必ず抜けて生え変わります。

まつ毛や髪の毛が床に落ちているのは時々見かけますが、全身に生えているうぶ毛が落ちているのを見たことがない(毛が細くて短いために気が付かない)ので、生え変わっていることを説明すると、ビックリする方が意外にも多くいらっしゃいます。

生えたままで抜けない毛は1本もありません。

けれども、人によって毛量は違います。

また、同じ人でも生えている箇所によって生え変わるタイミングも違います。

体の中で生え変わる毛周期が一番早いのは、まつ毛です。

早い人で30日程度、遅い人でも100日程度です。

毎日5本~10本くらい抜けているようです。

それに比べて髪の毛の毛周期が一番長く、平均5年~7年くらいです。

 

毛のメカニズム

 

毛周期の図

1つの毛穴で

①発毛期(一般的に休止期) ➡ ②初期成長期 ➡ ③中期成長期  ➡ ④後期成長期 ➡ ⑤退行期 ➡ ⑥~⑦自然脱毛 ➡ ①発毛期

というサイクルを数ヵ月~7年の間、繰り返します。

ということは、「現在生えている毛」はそのまま放っておいても「毛のメカニズム」によって、いずれ自然に抜け落ちていきます。

従来の光・レーザー脱毛

 

世の中に出回っている、ほとんどの光・レーザー脱毛器は「放っておいても、いつかは抜ける状態の毛」に対して脱毛処理をしています。

しかし、「抜ける事が決まった毛(またはその毛根)」に対して脱毛処理を行うのは、決して効率がいいとはいえませんし「ヤケドやヤケドによるシミ」といったトラブルが起こる可能性が高いのは当然です。

 

従来の脱毛器による、脱毛処理方法とは「毛乳頭及び皮脂腺開口部を破壊する」方法です。

 

「毛乳頭」を破壊するには高温の熱が必要で、その温度はおよそ62~63度という話があります。

そして、毛乳頭は肌深部にあるため、そこへ熱を到達させるには、70~80度近くの熱を一気に発さないと毛乳頭は破壊できないともいわれています。

脱毛で痛いと感じるのは、熱いイコール痛いと感じるからです。

しかし毛乳頭に到達する手前で、毛が焼き切れてしまうと(そのために毛がポロポロと抜ける状態が、まるで脱毛の効果のように見えたりします)

これが「埋もれ毛」になる可能性があります。

埋もれ毛とは毛が皮膚の表面に出れなくなり、皮膚の中で伸びてしまう毛の事です。

 

毛周期の説明

 

「ハイパースキン脱毛」は、今生えている毛に対しては一切何も行いません。

「ハイパースキン脱毛」は、毛が毛穴から抜けたあと、もしくは生える前である「発毛期(休止期)」状態の毛穴だけに効果を発揮する、「夢の脱毛」です。

 

「ハイパースキン法」の発毛予防理論と方法

 

わかりやすく説明すると、毛のメカニズムにおいて、毛が抜け落ちる際に”毛が抜けた” ”新しい毛を生やさなきゃ”

という信号が”バルジ”に送られ、そこから発毛因子(「毛の種」に例えます)が皮脂腺から栄養分をもらって成長しながら”毛乳頭”へと降りていきます。

”毛乳頭”へ到着した「毛の種」は今度は血管から栄養を補い続け、どんどん成長していくという工程こそが毛のサイクルであり

①発毛期(休止期)→②初期成長期→③中期成長期→④後期成長期→⑤退行期→⑥~⑦自然脱毛期→①発毛期(休止期)と繰り返されるのです。

 

痛みがない・敏感肌でも脱毛できる理由

 

発毛期(休止期)の毛穴の皮脂腺は上の図にあるように、皮膚の表面から浅い場所にあります。

また、「毛の種」(発毛因子)を消滅するために照射しますが「暖かい」程度ですので従来のような「ヤケドやヤケドによる炎症やシミ」といったトラブルによる心配がありません。

また、通常の脱毛器は高熱を使うため炎症が起きやすくクールダウンが必要になります。

お手入れ後に冷やすことで炎症を抑えます。

照射前に塗布するジェルも冷えていて冷たいです。

夏はまだ我慢できますが、寒い冬は快適とは言えません。

その場合もハイパースキン脱毛は、そもそも高熱を使ってないのでクールダウンの必要がありません。

そして体に塗るジェルも暖かいので快適です。

もちろんベットも温められますので、真冬でも眠ることができます。

脱毛は1回では終了しません。

何回か通うには苦痛に感じられることがあると、遠のいてしまいがちです。

こような発毛予防理論に基づいて開発された脱毛器なので、お子様でも脱毛可能なのです。

 

フォトの光が同時に照射されます

 

美肌になるハイパースキン脱毛は、脱毛の光の中にフォトの光が30%含まれて照射されます。

美顔に使われる光で、コラーゲンの再生を促し肌を綺麗にしてくれます。

自己処理を続けていると毛穴が目立つようになったり、肌が黒ずんだりします。

毛が生えなくなっても、肌に黒ずみが残ってしまっては悲しいです。

そんなお肌に作用してくれます。

脱毛前に塗るジェルには加水コラーゲンが含まれているので、肌を健やかに保ち光の浸透を助けます。

その後、照射することで肌を綺麗にしてくれます。

乾燥肌や敏感肌で脱毛をあきらめていた人でも脱毛できる可能性の高い機器になります。

あきらめずに、是非チャレンジしてみてください。

 

全身脱毛を安く始めたい|高額の契約なしで脱毛したい|定額制のエステティックサロン

関連記事

  1. VIO脱毛
  2. 顔脱毛
  3. 半額以下のキャンペーン
  4. 美肌になる脱毛 おすすめ
  5. フェイシャル
PAGE TOP
PAGE TOP