BLOG

下半身引き締め

お正月に食べ過ぎて、太る脳にしてしまった貴方へ

こんにちは!

相模原のエステティックサロン

モルトカリーナの永井です。

 

”お正月に食べ過ぎて〇〇㎏肥った”

っと幸せそうに訴えるお客様の多い事(>_<)

短期間で蓄えた脂肪は、サッサと落としてしまわないと

ホントに身になってしまいますよ!!

 

何故、太ってしまうのでしょうか?

もちろん食べすぎです。

 

満腹感はお腹が一杯になったから感じるとは限らないようです。
どうやら脳に関係しているみたいです。

 

”満腹中枢”が作用するには食べ始めてから20分~30分かかるのは聞いたことがあると思います。
早食いはデブの元!!
食べるのが早いという事は、よく噛んでないので
食事を楽しむ・香りを楽しむ行為が少ないのではないでしょうか。
イコール満足感を得られくくなってしまいます。
食事は、お腹が一杯になれば良いのではなく満足感・充実感が必要なのではないでしょうか!

 

 

先ずは脳を元気にして「太る脳」を改善していきましょう。

 

脳の機能を高めるには
①規則正しい生活を送ること
②早寝早起きをしてバランスの取れた食事をする
③きびきび活動すること
当たり前のことですが、それが重要なのではないでしょうか。

 

 

恋をすると綺麗になって、痩せる。

 

好きな人に会うと胸がドキドキしたり顔が赤くなったりしますよね。

アドレナリンが出ている証拠ですね。

アドレナリンは身体を活動的にしたり、余分な脂肪を燃やす働きなどを持つホルモンです。

恋をすると自然に痩せてくるのは、そのせい。

 

また恋をすると自律神経が興奮して瞳孔が開いて

目がぱっちり大きくなるので、女の子はより魅力的に見えます 😛 

 

また恋をしている時は彼の事を考えている時間が多くなるので

食べることを忘れてしまったりしますよね。

これは脳の中で幸せホルモンのセロトニンが分泌されているから

セロトニンには空腹中枢の働きを抑えて、空腹感を抑える働きがあるからです。

 

アドレナリンの働きで活動的になって脂肪を燃焼させ

セロトニンの働きでお腹がすかない

となればやせるのは当然です。

 

 

過食症と拒食症はどうして起こるのでしょうか?

 

過食症の人は食べても食べても満足感が得られず、冷蔵庫の中の物をすべて食べ尽くすなど

手あたり次第食べ続けてしまいます。

そのすぐ後で下剤を飲んだり、のどに指を入れて食べたものを吐き出したりすることもあります。

反対に拒食症の人は、ほとんどものを食べることが出来ず、ひどいときには栄養失調で死んでしまうこともあります。

 

これらは心の傷が原因になっています。

拒食症と過食症を繰り返すのを摂食障害と言います。

過食症・拒食症は心にあるトラウマを取り除くことで治るようです。

心、つまり脳と食欲には深い関係があるようです。

 

 

体重がみるみる減るようなダイエットは危険!!

 

「どうしてもやせたい!」と思う人は、つい

「1ヶ月で10㎏痩せる!」とか

「1週間で3㎏減量できる!」

といった過激なダイエット法に飛びついて、毎日、どんどん体重が落ちていくことを

期待してしまいがちです。

しかし、急激に体重が減るようなダイエットを続けていると、体に大きな負担がかかります。

疲れやすくなったり、無気力になったりするうえ、ホルモンバランスが崩れて

「太る脳」が生まれ、結局はリバウンド太りしてしまうことになります。

ひどいときには、食欲を抑えすぎた反動から、過食症になってしまうこともあります。

 

正しいダイエットは、体重が少しづつ減っていくものです。

 

 


肥り癖チェック

 

【ライフスタイル】 

①仕事はデスクワークが多く、あまり歩かない             B  B  A

②毎日が忙しく、食事や運動に気を配るゆとりが無い                            C  C  D

③休日は家でゴロゴロすることが多く間食も多くなりがち                      B  B  A

④こまめに動くようにしているが、痩せられない                                  A  A  C

⑤疲れがたまっているのに、痩せない                                                C  C  D

⑥イライラやストレスで、やけ食いをしてしまうことが多い                   C  C  D

 

【食生活】

①肉や脂っこいものが好き                                                              A  A  D

②食べ物の好き嫌いが多い                                                              D  D  A

③お酒が好きで週3日以上飲んでいる                                                D  D  C

④外食が多い                                                                               A  A  C

⑤食べ歩きが楽しみ                                                                       C  C  A

⑥間食や夜食に甘いものやスナック菓子をよく食べる                            A  A  C

⑦缶コーヒーやジュースをよく飲む                                                   D  D  B

⑧食後にはデザートが欠かせない                                                      C  C  B

⑨食事は朝・昼・晩、必ずしっかり食べる                                           A  A  D

⑩よく噛まずに食べ、早食いしてしまう                                              A  A  D

⑪食事の時間が不規則で、寝る前に食べることが多い                             B  B  C

⑫ファーストフードをよく食べる                                                       A  A  C

⑬朝食を取らないことが多く、昼と夜はしっかり食べる                          B  B  D

 

【運動】

①毎日1時間程歩くようにしているが痩せない                                       B  B  A

②体力に自信はあるが、今は何も運動していない                                   A  A  C

③小さい頃から運動は苦手                                                               B  B  D

④外出には車や電車が多い                                                               B  B  C

⑤運動した後はお腹がすき、つい多めに食べてしまう                             A  A  C

 

【体型・体質】

①家族のほとんどが太っている                                                          B  B  A

②昔はやせていたが、だんだん太ってきた                                            D  D  B

③便秘がちだが、食欲はいつもある                                                     B  B  D

④健康診断では、血糖値、血圧、コレストロール値が高め                        D  D  B

⑤体重は変わらないのみ、お腹がポッコリ出てきた                                 D  D  B

⑥おしりや太ももなど、下半身が太り気味                                            B  B  C


 

合計

質問の右にあるA~Dの数を合計してください

(例)「BBA」ならBが2個、Aが1個、 「DDB」ならDが2個、Bが1個と数えます。

 

Aの数、Bの数、Cの数、Dの数 それぞれ出して

もっとも合計数が多いものが、あなたのタイプになります。

同点のものがある場合は、複数のタイプに当てはまります。

 

Aの合計点が最も多かった人

 

何でも食べる『食いしん坊』タイプ

ステーキや焼き肉、フライなど、脂っこいおかづや、ごはんをたっぷり食べないと気が済まないタイプ。

食事だけでなく、お腹がすいてないときにもケーキやチョコレート、スナック菓子などの好きなものを

満足するまで食べてしまう傾向があります。

ドカ食いや早食いの習慣がついているので、脳に「お腹がいっぱいだよ!」

というサインが伝わりにくくなっているのです。

 

対処法

食事の量を減らすのが先決ですが、急に量を減らすとストレスが溜まって、逆にドカ食いになってしまうので

まずは20分以上かけて、ゆっくり食べましょう。

時間をかけることで、満腹中枢を満たすように心掛けましょう。

また、よく噛んで食べることも大切です。

噛む回数を増やせば、自然と食事にかかる時間が長くなり

糖や脂質もゆっくり吸収されていくので、食べすぎを抑えることができ

満足感が得られやすくなります。

 

Bの合計点が最も多かった人

 

少ししか食べてないのに太ってしまう「倹約」タイプ

少食なのに食べたものが、すぐに脂肪として体に貯蓄されてしまうタイプ

日頃から食べる量が少ないため、脳と体はいつもエネルギー不足。

その為、活発に動くことが出来ず結果的に基礎代謝が低下して脂肪を燃やす力が弱くなって

いると考えられます。

「肥満遺伝子」が影響してるようにも見えますが、必ずしもそうではなく、日ごろの運動不足で

筋肉が減っていることが大きな原因のようです。

 

対処法

とにかく体を動かすことが大切です。

学校や職場、家など、どんな場所でもこまめに動くことを心がけ、日常っ生活の中で運動量を増やしていきましょう。

歩く時間を増やしたり、階段を使うようにして、体を使うことになれてきたらストレッチやダンベル体操

そして、有酸素運動を始めると良いでしょう。

また、身体を動かすと眠りが深くなるため、朝スッキリ目覚めることができ、さらにテキパキと動けるようになります。

こうして毎日の活動量が増えれば自然と代謝が上がり、太りにくく痩せやすい体質に変わっていきます。

 

Cの合計点が最も多かった人

 

ストレスが溜まると食べたし舞う「やけ食い」タイプ

イライラしたりストレスが溜まると、食欲をコントロールする古脳の視床下部の働きが乱れてしまいます。

その結果、いくら食べても「お腹いっぱい」と満足することができず、どんどん食べてしまうのがこのタイプ。

お腹がすいていない時でも「ニセの食欲」が起こり、ストレス解消の手段として、お菓子をドカ食いしたり

やけ酒に走ってしまう傾向があります。

典型的な「太る脳」の持ち主です。

 

対処法

まずは、イライラしてやけ食いに走ってしまう自分と正面から立ち向かうことが必要です。

猛烈な食欲が起こったときは、その前に何か嫌なことが無かったかを思い出してどうして食べたくなるのかを突き止めましょう。

冷静に考えることができれば「会社で上司にイヤミを言われた」「彼と喧嘩をしてしまった」など

ストレスの原因が頭に浮かんでくるはずです。

こうして、「これはニセの食欲だ」と気が付くことが出来れば、やけ食いをする前に別の方法でストレスを解消して

食べたい気持ちを抑えることが出来ます。

 

Dの合計点が最も多かった人

 

血糖値やコレストロールが高めの「内臓脂肪型肥満」タイプ

カロリーの取り過ぎで血糖値やコレストロールが上がり、インスリンが過剰に分泌されている可能性があります。

インスリンが過剰に分泌されると脂肪細胞の中に中性脂肪がどんどん取り込まれていきます。

このタイプの肥満は糖尿病・心臓病・脳卒中などの生活習慣病を引き起こす原因にもなるので

健康の為にも強い意志を持ってダイエットに取り組むべきです。

 

対処法

内臓脂肪を減らすには、少く生活の改善と運動を組み合わせることが大切です。

毎日の食事に野菜や穀類、豆類,海藻など植物性の食品を積極的に取り入れると摂取カロリーが抑えられるだけでなく

栄養バランスが整うため脳が元気になって「太る脳」を改善できるという効果もあります。

また、運動は食後1

1時間以内に行うと食べたものの代謝が順調に進みます。

早めに起きて朝食を撮り、遠まわりして駅まで歩くなど、先ずは10分でもいいので

毎日、運動することを心がけましょう。

 

どうでしょうか?

まずは、自分のタイプを知って

目標をもって頑張りましょう!!

 

関連記事

  1. 顔EMS
  2. フェイスマッサージ
  3. ニキビケア
  4. MTメタトロン

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP