BLOG

『毛深い』からかわれたくない

以前、毎日新聞で紹介された記事です。

当店では同様の脱毛器を使用しています。

 

子供脱毛エステ時代

暑さとともに肌の露出が増え、女性はムダ毛が気になる季節。

そんな中、脱毛にエステサロンを利用する子供が増えている。

人目を気にした乙女心からのものが多いが

『毛深いとからかわれた』

といった、いじめを理由にするものも。

ただ、ヤケドなど皮膚に障害を起こす場合もあり、関係者は安易な利用に

注意を呼び掛けている。

 

3歳も利用

九州・沖縄でエステサロン「カレン」を展開するカンナ(福岡市東区)は

昨年12月に子供向けの脱毛サービスを始めた。

4月までの5か月で、全9店に3歳から高校3年生までの414人が訪れたという。

同社が福岡県内の来店者111人に脱毛る有を尋ねたところ

「人目が気になる」(20人)

「男子にからかわれた」(8人)

等の回答が多かった。

 

積極的になった

幼稚園で毛深さを笑われたという4歳の女の子は、

はさみで自分の腕の毛を切った際、肌を傷つけてしまい

見かねた母親が連れてきた。

福岡市中央区の中学2年生の女子(13)は、鼻の下や毛の甲に生えた毛を

男子生徒に揶揄され、施術を受けた。

母親(44)は「脱毛を始めたら精神的に楽になったのか、信じられないくらい積極的になりました」

と喜ぶ。

自身も若いころ、粘着テープではがしとったり、剃ったりして肌を痛めた苦い経験がある。

娘の気持ちはわかるという。

エステサロンによっては、中学生の脱毛を断ってるところもあるが

取材に応じたいくつかの店は、中高生の脱毛の相談や来店は確実に増えていると認める。

あるエステ店長は「親世代がエステに抵抗感がなくなっている」と指摘する。

別の経営者は「腋毛を処理していない女性が電車でつり革をつかまっていたら周囲はどう思うか

社会が毛深さを敬遠しており、子供も影響を受けて脱毛したくなるのは当然」と話す。

ただ、料金は決して安くない。

カレンでは大人と同様で、全身脱毛だと36万円。

それでも母親は「何気ない一言でどれだけ傷つくか。からかわない教育も必要だが

解決できるものならエステ利用もあり」と話す。

同社が子供向けの脱毛を始めたきっかけは、鉄穴英明社長(46)の長女(11)が

毛深さに悩んでいたことがある。

お客からも「子供が毛深さをからかわれ、学校に行かなくなった」

といった相談が多く寄せられていた。

痛くない脱毛法を研究し、07年に大人向けに導入。

約2年間安全性も確認できたとして、子供向けを始めたという。

「子供にカミソリやはさみを持たせるより安全。体毛の悩みに時間や気を取られず

勉強や睡眠にあてられる。

子供の脱毛はファッションではなく、悩みの解決法の1つなんです」と強調する。

 

 

 

 

関連記事

  1. 顔脱毛
  2. 営業中です
  3. 脱毛イメージ
  4. 脱毛

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP